今日のがんばりは終了しました

高等遊民になりたい

ビール瓶で殴る研究が日本にもあったよ!

世の中ビール瓶で殴る話ばかりですが

殴ったらスッキリするのかな…ストレス性の胃炎もなおるかな…

 

日馬富士のビール瓶殴打(したとかしてないとか)騒動以来、

ビール瓶は頭蓋骨より硬いことをもっと拡散しないといけないという動きがありますね

ビール瓶>頭蓋骨の研究は、過去にイグノーベル賞を受賞しているので、話題になっています

www.j-cast.com

 

原著論文↓

残念ながらフルテキストは有料

Are full or empty beer bottles sturdier and does their fracture-threshold suffice to break the human skull? - PubMed - NCBI

 

500mlのビール瓶の強度(それも一番弱いネックのところで試験している)が、頭蓋骨骨折を生じる骨折閾値を上回っているかを調べている

その結果、空瓶は40J、フルボトルは30Jの衝撃まで割れずに耐えており、この衝撃値は頭蓋骨が耐えられる数値を軽く上回っていた

 

頭蓋骨の強度を調べているものはないか調べていたら、

ちょっと古いけど1992年の論文に引用されている資料を見つけた

http://www.tytlabs.com/japanese/review/rev271pdf/271_015_morimoto.pdf

 頭っていうか、顔面骨だけど
これは交通事故で頭を打つ(顔面からつっこむ)場合の怪我について検討しているので、
ビール瓶でぶち殴るのとは条件が違うんだけど・・・
 
そんなこたあどうでもいいから、頭をぶち殴るぜ!

f:id:slimneko:20171120233110p:plain

ふぅ
 
このデータを見る限り、

f:id:slimneko:20171120233040p:plain

前頭骨が一番衝撃には強いようだ
しかし、皮膚の中で最も耐衝撃性が有るのは、頭皮であることもこの論文中に記載されている
そして、頭蓋骨骨折よりも裂傷からの出血で死亡することのほうが多いのだ
ということは、相手がビール瓶で殴りかかってきたら
額でなく、頭部の前側を差し出すほうがいいのか・・・?
避けるより難しいかもしれない
 
 
では、ビール瓶の強度はどうか
「ビール瓶軽量化の道」
いかにして強度を保ちつつ、瓶を軽量化するかという検討であって、
楽に人を殴る方法を検討しているわけではない・・・
さて、この論文にでている図がこちら

f:id:slimneko:20171120234521p:plain

単位が違うんだよな・・・でもこまかいことはいいぜ!
高いところからふりをつけて殴れば頭蓋骨に勝てる数値である
良い子は真似しちゃいけないやつである
 

ちなみにJIS規格では以下のような試験系で強度検査をすることになっている

JIS S 2303:2003 炭酸飲料用ガラスびんの機械衝撃試験方法

JIS S 2301~2306が、炭酸飲料用ガラスびんの規格である

炭酸は内部からの圧力が高いこと、気温上昇による内圧上昇の危険性などから

特にたくさん試験項目が有るみたいですね

こんなに一生懸命作った瓶を人を殴るのにつかっちゃダメだ!

 

さて、普通の会社なら傷害事件なんだけど、なぜか警察に届ける前に協会に報告がなかったということを責められている今回の事件

普通の人間なら死んでる可能性もあるのに、全治2週という力士の凄さをみせつけられた事件であった(終)

【怒りの根性焼き】喫煙可150平方m以下の厚労省案に怒り心頭

医療費減らせと言っておきながら、

発がん性のある有害物質を垂れ流すとはどういうことなんですかね?

厚労省言ってることおかしいぞ

 

喫煙可150平方m以下の案 厚労省、当初から大幅緩和:朝日新聞デジタル

 

タバコ吸う人にも吸う権利はあるから、吸うのはいいけど、近くで吸うのはやめてくれ

煙吸わされる方の権利も考えて欲しい

f:id:slimneko:20171118005219j:image

 

誰かー!ねコの健康が傷害されてます!

 

 

ねコは禁煙ファシストなので

近くでタバコ吸うとか許さんよ

そんな奴は…

 

一生物のブラジャーの刑だ!

 

f:id:slimneko:20171118004720j:image

 

全面禁煙にしたら飲食店が潰れるなんていってたけど、別に飲食業界のことを考えてるわけでもないらしい

喫煙可30平方メートル以下の案には、

かねてよりタバコ議連が反対していたという

タバコ産業にかかわる人々の生活をささえるためだという…

自民たばこ議連、禁煙義務化に反発 分煙維持の対案発表:朝日新聞デジタル

 

圧倒的多数の 非喫煙者の健康的な生活は守られなくて良いのだろうか

喫煙率は20%割ってるのに?

2016年「全国たばこ喫煙者率調査」、男女計で19.3% | JTウェブサイト

 

分煙でいいというなら、完全分煙にしてほしい

現状、分煙といっても、喫煙エリアとの間に扉がなかったり、ドアの開け閉めで煙がただよってきたりするし、ねコのような咳喘息持ちにはきついのだ

 

だいたい、飲食店でタバコ吸わないといけない理由はなんだ?

吸わないと食えないのか?

じゃあ、寿司屋や料亭ではどうしてるのさ?

 

上司とかの年齢の人たちは飲み会の最中に平気で吸うけど…

気分的にはこんな感じ

 

f:id:slimneko:20171118010420j:image

くせぇんだよ!

あーー法律で規制されることを期待してたのにマジがっかりだ

 

 

 

 

醜いアヒルの子は日本で白鳥になれるのか?

f:id:slimneko:20171116200249p:plain

 

 

( 伊香保温泉の石段の途中にて)

 

ある人が、

 

醜いアヒルの子は最後は美しい白鳥になって、

ばーか!って言って飛んでいくんだけど

日本では育つ前に殺される

 

と言っていた(別にみにくいアヒルの子はアヒルを見下しているわけではないが…

 

海外でも目立つ人間が潰しにかかられることは普通にあると思う

が、日本で潰しにかかられた人に、海外から声かかったりしてるのをみると、

やっぱり日本の方が悪質なのか、

それとも単に、同じ国の同じ業界の中だと色々やりにくいからなのか

 

出る杭は打たれると言うけれど、

出すぎた杭は引き抜かれる

(優秀な人間は誰かがみていて、引き上げてくれる)

ともいうが、引き抜いてゴミ箱に捨てられてることも結構あるのでは、と感じる

 

ここで言う「醜いアヒルの子」、「出る杭」は、

人並み外れて優秀な人物、

かつ、

同調圧力に応じている方が楽な人々(アヒル)」にとって目障りな言動をする、

もしくはなにをいうわけでもないが、とにかく目立つので嫉妬心をあおる人物、

と仮に定義することにする。

 

優秀であるために、他の人間が対応できない仕事を押し付けられまくり、

過労で潰れた人をたくさん見てきたし、

優秀すぎて嫉妬され、いじめられて鬱になった人や、

いじめられると言うほどでなくても、能力を適切に評価されないので

嫌気が差してやめてしまった人、

その業界、職場の権力者に目をつけられて潰される人もいた

 

仕事押しつけられ系は、明らかに上司のマネジメント能力に問題が有るのだが、

残念ながらマネジメント能力のある人が上司になるわけではないので

なくならないと思われる

 

となると、自分を守れるのは自分しかいないので、嫌なやつだと思われても仕事を断る等するしかない

が、実際ギリギリの状況でやっているところだと断りにくいし、

自分には負担がかかっているのに、文句ばかり言って仕事をしていない人物がいたり、

しかも、それが許されていたりすると精神的に参ってくる…

とにかく、健康にだけは気をつけて、

いつでも、職場をでていけるように高いスキルを身につけておくしかないと思っている

 

ねコは既に、健康を害した後なので今更なのだが…

できるだけ頑張らないようにしようと日々おもっている

・・・おもってはいる

 

目立って潰される系は、

・実際に声がでかいタイプ(男性に多い印象)

・何を言うわけでもないのだが、優秀なので目立ち、しかも大人しいので

嫉妬から嫌がらせのターゲットにされるタイプ

にわかれるように思う

 

上司や権力を持っている相手に嫌がらせや圧力をかけられるとひとたまりもない

こればかりは、全くいい方法ではないが、目立たないように努力する以外の対応策がわからない

 

ねコなんか同僚に嫌がらせされただけで複数回、精神をやられているのに…

圧力かけられるとか全く恐ろしい話だぜ…

そして今の職場でも、ねコが何をしたわけでもないのに嫌なことをしてくる同僚がいて、精神的にやられ気味である

その生物(ナマモノ)の出来ていない仕事をフォローしているのはねコであったりもするのに…まったく理不尽な話である

幸い、現在の職場の関係者は配慮してくれるが…

 

 

 

ところで、最初に触れた「みにくいアヒルの子」の話は、

アントレプレナーシップ的なことを語るような会で聞いた話だが、

日本では〜と言う割に、日本の中央省庁、アカデミア等と仲良く仕事をされているようだ

というか、あっ、最初からそういう話で始まってたことなんですね、みたいな

 

もちろん、なにか大きいことをしようと思えば、そういったところを握っておいたほうがよいのはあたりまえのことだが…

どうやら言うほど「醜いアヒルの子」ではなかったらしい

「白鳥ぶったアヒル」なのかもしれないし、「やむなくアヒルに馴染んでいるどうにか育った白鳥」なのかもしれない

 

どちらにしろ、日本では白鳥もアヒルのふりをしないと生きていけないのかもしれない

白鳥は日本から飛び立てるのだろうか?

 

 

 

 

 

【本】憑かれたポットカバー

 

ねコにはたいして関係のないことだが、

街がクリスマス🎄ぽくなってきたので、

クリスマスぽい本をおすすめしてみる

 

ねコの大好きなエドワード・ゴーリーの絵本

憑かれたポットカバー〜クリスマスのための

気落ちした気色悪い気晴らし〜

 

 

もうこのタイトルだけでワクワクしてしまう

 

ゴーリーといえば、ギャスリークラムのちびっこ達のように、薄暗くて悪趣味で、よく人が変死する印象があるが、、
今回は死んでない!(墓には埋まる)

 

ディケンズのクリスマスキャロルのオマージュであり、構成も同じ

 

あるはずのなかったクリスマス(過去)

あるはずがないクリスマス(現在)

あろうはずがないクリスマス(未来)

 

のクリスマスの亡霊がでてくる

一緒に旅をするのは、

人間より巨大なアリみたいな虫

(ありえない方向に関節が曲がる)

 

絵の雰囲気も、いつもの細い線を多用するのと違って、なんだかすこしやわらかく

登場人物(虫?)の動きもコミカル

亡霊達は胸に…迫る?ような光景(手首の捻挫など)をみせつけてくる

虫が「こういったのはもうたくさんである!

(もうたくさんだ!やめてくれ!はクリスマスキャロルでは主人公スクルージのセリフだが、本作の主人公は淡々としている

たぶんだけど、過去に大して悪いことしてない)

というたびに新しい亡霊が現れ、

主人公はついに…

 

 

 

ゴーリーは薄暗くていやだよっていう人もきっと笑える内容なので、よろしければ

 

 

 

個人的には、ホラー漫画家がネコ漫画を描くのと似たような雰囲気を感じる

 

 

伊藤潤二の猫日記 よん&むー

伊藤潤二の猫日記 よん&むー

 

 

 

抗菌薬と自己責任と日本人

f:id:slimneko:20171107014319j:image

 

部屋とワイシャツと私みたいになってしまった

 

ふと気が向いたので、

抗微生物薬適正使用の手引き」のリンクをはってみる

手引きはすべての医療関係者、かつ患者さん向けでもあるとのこと。

しかし、長くて文字ばっかりで疲れるので、

ダイジェスト版もある。

 

厚労省のホームページって
わざとか?
というくらいゴチャゴチャしててわけわからん。見にくいといわれつつ直さないんだから、もう直らないんだろう。

 

これダイジェスト版

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/tebiki_1.pdf

 

ダイジェストじゃない方はこっち

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000166612.pdf

 

ちょっと長いけど、

面白いこと書いてあるので、

時間があったらどうぞー。

 

簡単に言うと、風邪とか下痢とか大概ウィルス性で抗菌薬(細菌殺す薬、ウィルスには効かない)飲む必要はないことの方が多い。

でも、ガチで抗菌薬が必要な場合もあるから、医者のいうことよくきいて、調子悪ければまた受診するなりするように。

という内容。

 

ちなみに、

ねコは腸炎になった時に、様子を見るとどうなるのか興味があったため、

しぶり腹、下痢、高熱があったものの

あえて病院に行かず、様子を見ていたら、血便が出始めてビビった。

こういう時はちゃんと病院に行った方がいいと思います。

 

風邪引いたら風邪薬欲しいとか、抗生剤ほしいっていう人結構多いけど、大概は必要なく、むしろ副作用の方が大きいことが記載されている。

 

このような手引きが出された背景には、

これまで安易に抗菌薬を使いすぎていたせいで(風邪ですね〜お薬出しときますね〜みたいな)、

抗菌薬が効かない菌(耐性菌)が増えまくったことがある。

 

細菌のような単純な作りの生物は、進化が速く、すぐに耐性菌がでてきてしまうのだ。

やつらはニンゲンよりずっと強いのだ。

 

新しい抗菌薬の開発はなかなかに厳しく、WHOは「抗菌薬なき時代」が今後くるだろうといっている。

なので適切に使用しましょうねというのが

この手引きの趣旨である。

 

ここで34ページに延期処方について記載されている。

ここではスペインの例がひかれているが、抗菌薬を処方しておいて、数日後によくならない場合だけ抗菌薬を飲むという方法である。

これなら、不要な抗菌薬処方をかなり減らすことができる。

 

日本では処方箋の期限が4日なので、このような方法をとることは難しい。

が、この方法が可能であるとして、日本人はそのようにするのだろうか?

あくまで個人的な印象だが、

日本人の気質は、海外に比べて依存的で、

自分の責任で内服を決める、ということができないような気がする(特に世代が高いほど)。

むしろ、クレームの原因にもなりそうな気がする。こういった規制は今後緩和される可能性も…いや、緩和されないだろうな。

 

ところで、作成元が結核感染症課になってることを、不思議に感じる人もいるかもしれない。

しかし、結核古くて新しい感染症と言われていて、今も結構患者がいる。

決して沖田総司サナトリウム小説の中の存在ではないのだ。

 

平成28年結核患者数

これも長いので6ページの表をみてみると、先進国の中でも、日本は多いことが分かる。

11ページには患者数の推移のグラフがある。

減りつつはあることがわかる。

 

なんでかわからんが、首相官邸のホームページに解説してあったので、リンクしておく

結核~結核は今でも国内で年間約18,000人が発症している「現代」の病気です~ | 首相官邸ホームページ

 

空気感染するので、1人患者がでたら、保健所に届けられ、接触した周りの人間みんな調べられるので、おおごとである。

 

余談だが、

ねコは以前にストレスで喉の違和感が酷くて、

よく咳をしていたことがあったのだが、

ある人に

「おまえ結核じゃねぇの?

最近ホームレスとかよくかかってんじゃん。

いかにもいいもん食べてなさそうだし。

結核かかってえもおかしくなさそう」

と言われた。

 

 

 

今も根に持っている。

 

 

ずっと根に持つ。

 

 

おしゃべりなカラス(1975)

f:id:slimneko:20171107233655j:image

飲み会帰りにタクシーに乗った

その日は雨が降っていた

運転手とは特に会話もなく、ねコはラジオをきいていた

昔風の メロディに乗せて、歌うでもなく、がなるような、話しかけてくるような声がきこえた

 

嘘はいのちのバロメーターさ

おしゃべりなカラスがそういった

真実だけじゃ生きられないさ

電線の上で若い詩人がそういった

みててやるからはやくやれよ…

 

聞いたことのない曲だった

 

ねコは夢中で歌詞を調べた

おしゃべりなカラス / 友部正人 の歌詞 (948330) - プチリリ

 

大人のように信じようとしたってダメさ…

テーブルの上で一億の顔がそういった

ぼくは子供の声で話そうとしたけど

 

家に着くまで、曲が終わるまで

ねコはひたすらその歌をきいていた

 

でもやっぱりできなかった…

 

雨はまだ降っていた

 

 

 

友部正人 おしゃべりなカラス

友部正人 おしゃべりなカラス - YouTube

【懐かしの昭和】サラリーマンは気楽な稼業と〜

いえねぇよ!

 

どんといこうよ、どんとね〜

内村・出川でやってる、

明日のレモンサワーCMソング

クレイジーキャッツ「サラリーマンどんと節」(1962年)

明日のレモンサワー 『横丁ミュージカル』篇 #内村さんもそう言ってるし 15秒 内村光良 出川哲朗 サントリーCM - YouTube

 

今と違ってイケイケどんどんで、高度成長、

終身雇用の時代だったからこそ成立するいい加減なサラリーマン像なんだけども。

(今も地方の公務員の上の方の人たちはこんな感じかも知れん。下の方は必死で働いてるのに公務員てだけで、目の敵にされてかわいそうだ)

1/3が非正規労働者なんて言われてる今とは大違い。きっと将来に夢も希望も持てた時代だったんだろうな。

ロスジェネ世代のねコ達に最も遠いものだ。

 

モーレツ社員っていうのが言われ始めたのが

1968年くらいということなので、

こんないい加減なサラリーマンばかりではなかったと思われるが、生まれる前のことなのでサッパリである。

スーダラ節しかり、この曲しかり、現在まで残ってる名曲なので、

やっぱりこういうテキトーで気楽な生活に憧れる人は多いんだろうな。

 

ねコが小さい時にはリゲインのCMで

 

24時間働けますか?

ビジネスマーン

ビジネスマーン

ジャパニーズビジネスマーン!

 

なんてやってたけど、

今じゃラムちゃんのコスプレした女子が 

 

24時間はたらーくのは

しんどい❤️

すみれ CM リゲイン ラムちゃん 「3、4時間」篇 - YouTube

ていってるしね

時代はかわったんだなー

 

だからって、ドンと節やスーダラ節みたいに

精神的にも、時間的にも、余裕のある生活ができるわけでなし、24時間働かなきゃいけないこともある

…時にはそれ以上

 

だから、こういう曲なんかいいなって思うよね

もちろん、ふざけやがって腹が立つって人もいるだろうけど

実際、植木等はスーダラ節を聞いた時、

こんなふざけた唄を歌えるか!

と怒ったという

代表曲になったけど

 

当然ねコも憧れている

だが、ねコはタイムカードすら押したくない

朝起きるのだるいんで

 

いや本当に

アリとキリギリスのキリギリスになりたい

困窮することもなく、不労所得のある、冬になってもぬくぬくできて、何も困らないネオキリギリスになりたい

誰か5億くらい入った紙袋くれ

 

これ作詞は都知事やってた青島幸男

スーダラ節、明日があるさ、だまって俺についてこい…

いじわるばあさんの主演もしてたし、歌も歌うし、小説も書くし、

亡くなってしまったけど、マルチな才能のある人だったんだね、政治以外では

 

そんなわけで、風呂入りながらクレイジーキャッツきいてる

らんららんららんで〜一週間