今日のがんばりは終了しました

高等遊民になりたい

【映画】明日はどっちだ、寺山修司みてきた

結論から言うと超!面白かった

f:id:slimneko:20171229184245j:image

断言するが、
寺山修司を知らない人でも絶対楽しめる

 

上映映画館がすくないのが残念

渋谷のシアターイメージフォーラムでの上映は29日までで、どうにか滑り込みで見にいけた

客の入りは、まあ…そんなでもって感じ

そもそもファンでないと見にこないとは思うけれども、年の瀬の夜8時にわざわざ渋谷までみに来るんだからさ

客層は、まあまあ高齢で、学生運動を知ってそうな世代から、ネこくらいの、寺山が生きてた時代をちょうど知らないような年代くらいまで、色々

堅そうな人から、サブカル風の人まで、本当に色々

 

シアターイメージフォーラム(渋谷)

f:id:slimneko:20171229184335j:image

  

「明日はどっちだ」

というのは、あしたのジョーのテーマの歌詞で馴染みがある人が多いと思うが、これの作詞が寺山修司である

ちなみに、伝説となった「力石徹の葬式」の喪主をつとめたのも寺山である

 

生い立ち

寺山修司は自分の生い立ちについて、著作の中では色々なことを書いていて、

本当のところどうなのかよくわからない部分が多い

誕生日も複数あると言ってるし、

母は死んだとか、母に捨てられたとか、母は炭鉱で働く娼婦だとか…

父は太平洋戦争で戦死した、とか…

 

--------以下ネタバレありますよ--------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寺山は自分のことはほとんど語らなかったらしい

戦争が終わった時、寺山は10歳

青森の大空襲の時は物心ついていた年だ

父が戦死したというのは本当

だから、母1人子1人で生活していた

母は祖父が女中に産ませた子で、祖父が認知しなかったので、私生児ということになっているらしい

母は三沢の米軍基地の図書館に勤めていた…が、実際は米軍将校の愛人(いわゆるパン助)をしていた

それが原因で、三沢では周囲の冷たい視線にさらされたり、虐められたり、あまりいいことはなかったようだ

三沢在住のいとこという人も、母親については、

 

美人だったが派手好きで、ヒステリックで、ハイヒールで寺山を殴ったり、将校を家に連れ込む時は寺山を家から出していたとか言っていた

寺山は母とそのことでよく喧嘩していたらしい

 

将校が九州に転勤になるに際して、母もついていくからと、寺山を青森の大叔父の家に預けた

 

現代の感覚でこの話をきくと、とんでもねー母親だなと思ってしまうが、この時代に女1人で子供を育てる手段となると限られてくるのかなと…

 

青森中学に行ってからは、作文でその才能を認められていく

が、同級生によると、

書いてあること全部嘘

これにはシアターの観客もクスクスするしかない

虚言癖…といったらあれだけど、すぐバレる罪のない嘘をつくのって憎めないからな

虚構であっても美しいものが真実であるというようなことも寺山は言っているが…

関係者によると、真実を大事にしていたかというとそういうわけでもないらしく…

 

最初から最後まで全部嘘ばっかり

 

更に、野心家で、自分を引き上げてくれる人にはついていくが、得るものがなくなると切り捨てる、等のドライな面も語られる

(野心、なんて美しい言葉!)

 

大学は早稲田に進むが、ネフローゼを発症して入院、休学、結局退学してしまう

母親は入院費を稼ぐために更に働いた

寺山は恩師にあてた手紙で、

 

本当にいいお母さん

僕の入院費を稼ぐために、米軍で何をしてるか、僕、しってる

 

と書いている

憎しみと愛情の入り混じった複雑な母子関係、それが作品に影響を与えているであろうことがうかがわれる

 

が、ネこ的には、この子供のような文章が気になった

恩師に甘えていたのか、これもまた虚構の中の自分なのか…

 

 

 

「市街劇ノック」

警察が出動し、逮捕者まで出したこの市街劇

内容を聞いているだけでワクワクする

新宿で、街全体を巻き込んで、あちこちで突発的に劇がはじまる

 

警察の手をかいくぐるために、法律についても下調べを細かくしており、暗号なんかも作っていたという(しかしどうもばれていたらしい)

 

例えば、

一人暮らしの60代男性(一般人)に毎日手紙を出す

手紙には前日にした行動が詳細に記載されている(劇団員が見張っている、なぜ気づかないのか…)

ある日、手紙が来ない日があった

翌日きた手紙には、その日、彼がする行動が記載されている

男性は、果たしてその手紙の記載通りに行動するのか?

という実験的試みである

この後、男性を尾行して行動観察するのだが…

まあ犯罪だよね

 

観客を箱に閉じ込めて、見知らぬ場所に運び、放置して帰る

 

誰が観客で誰が役者かわからないが、突発的に始まる劇

 

車椅子にミイラ男を乗せてマンションに行く

住民には何も知らせていない(知らせると予定調和になってしまうので)

観客がピンポンした!(予定にはない、だが、観客が参加して市街劇を作っていくのだから、これでいいのだ)

出てきた人が驚いて警察を呼ぶ

ミイラ男は捕まり、てめーみたいなのは人間じゃねぇ!などと警察からかなり絞られたらしい…

 

他にも、観客がピンポンしまくって家に入ってみたり、色々とんでもないことしている

これは警察を呼ばれても仕方ないわ、面白いけど

 

ノックの中でしていることは、70年代としては勿論、現在から見ても、ものすごく前衛的だと思う

一見、最近のユーチューバーがしていることと似ているように感じたが、

寺山は既成概念の破壊、常識からの解放を目指していたのであり、

自己顕示欲で迷惑行為を行うユーチューバーとは本質的に異なっている

 

他にも色々面白いエピソードがあったのだが…

母親が、寺山の結婚後の新居に放火する話とか…

そこらへんは映画をみていただきたい

ちなみに、母親は寺山より長生きしているし、

劇団のカフェのママもしていた

 

懐かしの我が家が最後に朗読される

 

最後に

 

寺山は亡くなる少し前のエッセイで、

「私が死んでも墓はいらない

私の墓は、私の、言葉で十分」

と書いている

ネこは、この言葉がかっこよくて大好きだ

 

が、

高尾に墓あるんかい!

だまされたー

でも、ネこは墓には参らないぞ

寺山の言葉をいつも読んでいるからな

 

 

 

君の、ネこの、日本の、世界の、

明日はどっちだ

 

 

 

クリスマスイブだけどなんの予定もないので

いや、予定はある。仕事っていう。

 

気分転換に、昔、クリスマスシーズンに訪れたチューリヒの思い出でもはってみようかと思う。

スイス最大の都市、チューリヒ

チューリヒ駅のクリスマスマーケットは、屋内最大規模と言われる。

 

恒例になったスワロフスキーのクリスマスツリー

f:id:slimneko:20171224133438j:image

f:id:slimneko:20171224133102j:image

こんなキラッキラしたツリーは見たことなかったからびっくりした

周りに馬だとか、いろんなガラス細工がケースに入れて飾ってあって、クオリティも高かった。

沢山の店が駅構内の広場に軒を連ねていて、オシャレなオーナメントがたくさん飾ってあって、どこもかしこもオレンジ色のあたたかい光に満ちている。

f:id:slimneko:20171224133307j:image

f:id:slimneko:20171224135242j:image

パペットマペット

f:id:slimneko:20171224140054j:image

子供向けのおもちゃみたいな楽器、珍しい細工のチョコレートも売っていた。

 

工具の形のチョコレート

味はわからないけど、スイスだからそう不味くはないはず?

f:id:slimneko:20171224135332j:image

ネコも亀のかたちの笛を買った。

ホットワインラクレット、焼き栗…色々売ってたけど、どれもイベント価格。元々、スイスは物価がたかいし。

とはいえ、とりあえず寒いので、ホットワインは必須。

 

ラクレット

とにかく寒いので、チーズもワインも凄い勢いで冷める。屋内(駅構内)は人も多くてそんなに寒くないんだけど、屋外にもお店があるのだ。

f:id:slimneko:20171224135423j:image

 

焼き栗

カーペンターズもThe Christmas songで、chestnuts roasting on an open fire〜

と歌っていたが、焼き栗ってこの時初めて食べた。

日本の天津甘栗の方が甘くて好みだ。

ネこはこの栗がどこ産なのか気になって仕方なかった。

f:id:slimneko:20171224134613j:image 

 会場にはメリーゴーランドもあって、子供たちがはしゃいでいる。乗ってるのは幼稚園児くらいの子たちだったけど、

こういうの、大きくなっても覚えているのかな?

f:id:slimneko:20171224134759j:image

あれ?この黄色いネズミ…見たことあるぞ?

f:id:slimneko:20171224134931j:image

 

アクセサリーやぼうし、マフラーなんかも売っていた。

見ている分には楽しいが、店員さんが、

明らかにネこ達のようなアジア人と白人に対する態度がちがう。

そんなに小汚い服装はしてなかったはずなんだけど…

なんていうか、すごく感じ悪かった。中国人にも同じような態度だった。

スイスが排他的なのは知ってたけど、あまり露骨に態度に出されると嫌になる。

 

 

かって帰った亀の笛は行きつけの飲み屋のマスターにあげた。

マスターは、

「綺麗な女の人に最初に吹いてもらおう!」と言っていたが、客のおっさんが勝手に吹いてしまい、悔しがっていた。

 

kibunlogを試してみたのね

先日、「うつ状態でも使える行動記録アプリ」っていうエントリーで、

ダウンロードしてないけど気になるってことで書いた

Kibunlog っていうアプリ、結局試したのね

KibunLog:気分ログ

f:id:slimneko:20171217165402j:image

 

インストールすると、インストラクションがある

すぐカッとなる猫には

f:id:slimneko:20171218141118j:image

 f:id:slimneko:20171218141131j:image

こんなささいなことで「怒り」を感じるのか…

「イラッ」くらいじゃない?

 

落ち込みやすい猫には 

 f:id:slimneko:20171217171531j:image

f:id:slimneko:20171218141330j:image

そうな、わかるわ

 

週ごとや日毎にどんな感情を何回記録したか

分析できるので、

今日は体調悪いんだな〜とか

午前中に落ち込みやすいとか傾向がわかる

鬱傾向のある人は大概午前中は気分が悪いんだと思うけどね

 

 f:id:slimneko:20171217170111j:image

 f:id:slimneko:20171218143008j:image

 

うん、まったくポジティブな記録がないね…

 

インストラクションによると、一応、ポジティブな猫もいるらしいわ

f:id:slimneko:20171217170137j:image

 

記録できる項目は決まっている

f:id:slimneko:20171217170317j:image

f:id:slimneko:20171217170323j:image

 これをADHDによる不注意症状の記録にも使用できるかと思っていたが、

項目追加できないので、無理っぽい

 

基本的には、いらっとしたらここに記録して落ち着くとか、悲しくなったらここに記載して落ち着くとか、振り返るとかそういう使い方をするようだ

だから、認知療法につかえる

 

衝動性の強いタイプのADHDがとりあえず一呼吸おくのにも役立つかもしれない

まあ、記録する前に手が出るとか、言ってはいけないことを口走るとかだったら間に合わないけど…

 

しばらく使ってみて気づいたのは、

ネガティブなこと以外記録してないわ 

 

ポジティブな記載を増やすようにした方がいいんだろうけど、忙しい時とか、あまり問題ない時には記録しようと思いつかないしね

 

達成したい目標があるとか、勉強してるとかならStudyplusでいいような気がするな…

 

で、毎日こんなアラートをだしてくる

f:id:slimneko:20171217171211j:image

ねーよ

この通知、そうやってポジティブな方向に持っていこうとしてるんだろうけど、

ネこのような人間性だと、かえっていらっとするわ

 

「〜ができなかった、自分はダメな野良猫だ…」って考えるのをやめて、

「今日は〜ができた」って考えるようにしなさいと主治医にもいわれるけど、なかなかねぇ…

認知療法は思考のパターンをみて、鬱に特徴的な全か無か思考とか、過度な一般化を見つけて、修正していくものだけど、

単に思いついたことを書いてるだけだからなぁ

 

f:id:slimneko:20171218142530j:image

 

これみてるとなんだか余計に凹むわ…

使い方は人それぞれだと思うけど、

ネこの場合、記録が減ったら元気になりつつあるってことなのかも…

 

 

【医薬・科学】FDAが初の遠隔医療機器を承認

FDAが初の遠隔医療として、人工内耳の定期的プログラミングを遠隔で行うプログラムを承認したそうだ

www.fda.gov

人工内耳の使用者は、専門のセンターまたはクリニックで定期的に調整を受けねばならない。今回の機器は、資格を持ったオーディトロジストが遠隔からプログラミングを行うことで、特に遠隔地の患者、頻回の調整を必要とする患者には有用とかんがえられる。

FDAは、臨床試験において以下の評価を行った。

会話理解度検査では、対面プログラミングと遠隔プログラミングの間に有意差は認めなかった。

他の音がする中での会話聞き取り能力や、音の方向、距離、動きの感受性を含む、患者による自己評価データも評価した。

遠隔通信に対するサイバーセキュリティー対策についても評価した。

その結果、FDANucleus Cochlear Implant Systemを承認した。

 

自宅のPCを使用するのか、なにか専用の機器を使うのか知らないが、

こんな風にいちいち出向かなくても調整できるっていいね

アメリカはすごく広いから、定期プログラミングに行くのも大変だろうしね

 

プログラムは、確かに遠隔医療機器としてはもっともハードルを超えやすそうではあった

患者に触ったり、対面診察が必要な部類のことでは遠隔医療は難しそうだ

お腹抑えていたいかとか、硬いかとか、膝がはれているかとか、

遠隔でどうやって判断するのかちょっと想像できない(何らかのデバイスを使用してできたとしても、普通に病院行ったほうが安く上がりそう)

禁煙指導とか、主にお話するだけのことならどうにかなりそうな気もするけど…

というか、効果があるならアプリでもいいじゃんとか個人的には思うが、保険的に難しいんだろうな

医師法で対面診察について規定がある(後に一部改訂)わけだけど、

最近は聴診もしない、触りもしない、パソコンばかりみているなんて苦情をよく聞くくらいだから遠隔でもいんじゃね?と思ってしまうわ〜(苦笑)

 

日本でも遠隔医療の話はあるけど、遠隔画像読影や遠隔病理診断くらいしか馴染みがない気がする

調べてみたら学会があって、

日本遠隔医療学会

ここに通知一覧があったけど、法律的にも保険的にも色々面倒みたいだな

 

遠隔診療って、実際、離島や医療過疎地の患者さんにとってはすごく助かるんだろうと思う

遠出しただけで体調崩すねコのような生物にとっても、これはありがたいよ

ただし、遠隔でやったほうが高くつくとかでなければの話だけども…

なんだかんだ設備投資費、維持費がかかるんだろうし、安上がりにできんもんかね?と思うけどそれじゃ商業的に成り立たないしな

 

今後、遠隔診療がどの方向に発展していくのか、非常に興味がある

おそらくAIを用いる方向になるんだろうけどさ

 

あーーー今なんの関係もないけど、久しぶりにちんあなごに癒やされたいわ〜

f:id:slimneko:20171211233352j:plain

 

 

東屋のジューサーで生ジュース生活

今週のお題今年買ってよかったもの

 

ネットでちょいちょい話題になっていて、入手困難なんていわれたりもしているので、

ご存じの方もおられるとは思うが

店頭でみつけてつい買ってしまった

「東屋のジューサー」

f:id:slimneko:20171211212649j:plain

3100円です

東屋のものはどれもそうだが、まず見た目が非常に均整が取れていて美しい

小ぶりで、レモンを絞るのにちょうど良さそうなサイズ

 

以前ドイツのスーパーに、オレンジ生搾りマシンがあって、

そこでジュースを買うのが楽しみだった

お金を入れるとガコンガコン…といって、内部で大量の皮付きオレンジが絞られ始める

果皮に付着している残留農薬について若干の懸念があったが、

おいしかったのでよく買っていた…

そういうわけで、生搾りジュース生活をしてみたかったのだ

 

さて、安売りしていた小さめのグレープフルーツを早速絞ってみる

f:id:slimneko:20171211212954j:plain

 4個で198円、お買い得

 

f:id:slimneko:20171211213150j:plain

種はちょうどよい感じに周りに残り、穴から果汁だけが下にたまる仕組み

すごく絞りやすいし、周囲が堤状になっているので、周りに汁が飛び散るということがない

 

f:id:slimneko:20171211213245j:plain

小さなグレープフルーツ半分でこのくらい、1個だとちょうどこのグラスの7分目くらい

いや、ml表示しろよと思われたかもしれないが、測る前に飲んでしまった

グラスはDESIGN HOUSE Stockholm の The Timo Glass(400mlサイズ)

すぐに物を取り落とすねコをもってして、一度も割れたことがない屈強なグラスである

…そう、まるでドイツ兵のような(北欧食器です)

 

どうせすぐ飽きるだろと言われていたが、使い勝手が良いのでしばらく飽きていない

今の時期はホットレモネードもいいね

 

12月も中旬になってしまった

ドイツやスイスはクリスマスマーケットの時期だろう

ぬるいホットワインや、冷たいパンにすぐ冷めるラクレットを乗っけたしょーもない(しかも高い)食べ物でも、あの雰囲気だと楽しく思えた

 

空から星が降るようなチューリヒの大通り

世界で一番地価の高い街…

f:id:slimneko:20171211215727j:plain

 

 

 

 

【薬】「スマートドラッグ」27品目、処方箋ない個人輸入禁止に

f:id:slimneko:20171117013020p:plain

都内の川でみつけたクラゲ

 

いわゆるスマートドラッグ(頭がよくなる薬とか集中力を高める薬とかいわれる)が、

ネットで簡単に買えてしまう(それこそ子供の小遣いレベルの値段で!)ことについて

以前から規制が必要ではないかと個人的には思っていたが、

ついに厚労省が規制に乗りだすようだ

www.asahi.com

6月の厚労省部会資料では、ピラセタムの名前が挙げられていたが、27品目か〜

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/iyakuhinniryoukikiseidobukai24-1.pdf

 

ネット上では、そろそろ規制が入るから買いだめをしておけという話が以前からあったので、ついにという感じ

 

規制が予定されているのは以下の27種類

てんかん治療薬》

・ピラセタム

・レベチラセタム

ADHD治療薬》

・アトモキセチン (ストラテラ

意識障害改善薬》

・シチコリン(日本では頭部外傷に伴う意識障害等に対する注射薬として承認)

《そのほか》

・ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩

・ニセルゴリン(サアミオン

・アニラセタム

・エチラセタム

・ネフィラセタム

・オキシラセタム

・プラミラセタム

・イデベノン

・ニモジピン

・ビンポセチン

・プロプラノロール塩酸塩(インデラル、プロプラノロール:降圧剤)

・アテノロール

・ブロモクリプチンメシル酸塩

・フロセミド(利尿薬:ラシックス、フロセミド)

・チアネプチン(スタブロン 本邦未承認)

・ソマトロピン(遺伝子組み換え

・デスモプレシン酢酸塩水和物

タンニンバソプレシン

・アドラフィニル

・ナドロール

・プロカイン塩酸塩(外用剤を除く)

・デヒドロエピアンドロステロン

・プレグネノロン(プロホルモンでサプリとして販売されている模様)

 

これを見ると、利尿薬フロセミドとか、スマドラだったのか?と思うようなものもある

調べてみると、「芸能人もむくみ取りとして使用している!」なんて記事が出てきた

βブロッカーのプロプラノロールを「あがり症の人が飲んでいる」とか、

「ミュージシャンの3人に1人がライブ前にのんでいるとか」

・・・真偽の程はわからない

副作用もあるのに、安易に買って飲む薬ではないと思うが

 

 

下記のサイトを見ると、「規制規制ってだから日本はダメなんだよ」とか「病人潰し」、「製薬会社が儲けるためだろう」といっている人もいるが、

今回のことについてはそれは違うと思う

【医療】「スマートドラッグ」27品目、処方箋ない個人輸入禁止へ…てんかんやADHDの治療薬など | LH MAGAZINE

【超悲報】厚労省が「スマートドラッグ」の個人輸入を禁止。通院できない鬱・ADHDの唯一の希望を潰していく方針へ : 凹凸ちゃんねる 発達障害・生きにくい人のまとめ

 

以前にブログ上で触れたが、

高校生などが、試験前に集中するため、記憶力を向上するため等の理由で購入し、

依存症になって病院を受診する羽目になったりしている

精神科系の薬剤(に限らないが)を若年者にコントロールなしに投与することは、その後の心身の健康に影響しうるので厳に慎むべき、というのが原則と思う

薬剤は服用を続けると耐性が生じるので、次第に内服量が増え、他の薬剤の乱用につながる可能性もある

 

でも、どうだろうな・・・ねコも受験生の時に内服していたら何か違ったのだろうか?

正直、その頃もそわそわしてあまり勉強に集中できなかったし、家の中を走り回ったりしていたし(迷惑)

 

大学受験なんて、人生でいえばまだ第1コーナーにさしかかったようなものだと思う

でも、高学歴の親は自分の子供をいい大学にいかすために、子供の頃からお金をかけて必死で教育している

ということは、やはり学歴、学閥がある程度ものをいう社会だと実感しているのた

 

海外でも、子供のスマドラ依存は問題で、特に中産階級に多いという

格差が固定化していくわけである

 

ねコ自身、ストラテラを飲み、一回中断してみたりして思ったことは、

この種の頭に効く薬は本当にやめ時が難しい

やめた時のイライラそわそわの反動ときたら・・・というわけで結局今も飲んでいる

しかし、最近あまり効果を実感できなくなってきた

ねコは将来的に薬をやめてもやっていける仕事に戻りたいと思っている

薬なんて飲みたくない

ADHDにとって不向きな仕事をこなすために薬を飲む・・・

それがおかしなことだっていうのは、自分でよくわかっている・・・

 

ストラテラは確かに高額である

ねコも最初はびっくりした!!

しかし、自立支援医療で補助を受けることもできる

だから、ネットでの抗うつ剤ストラテラの売買の規制が病人潰しになるとは思わない

 

その薬がないと就業できない、などの理由で処方薬が必要なら、病院に行くのが原則だろう

ねコも初めて受診するときは本当に迷った

職場にバレたらどうしよう、待合室で知り合いに会ったら?・・・

 

精神科はハードルが高いというけど、心療内科だって最近では医療関係者の間でも精神科との区別が曖昧になってきているし、メンタルクリニックっていえばおしゃれな感じがするし、つまり名称の問題じゃないんですよ

 

ネットでスマドラを買っている人は、自己責任で買って飲んでいるんだからいいじゃんっていうかもしれないけど、

大人はともかく子供は大人が守らないといけない

更にいうと、このような、正当でない薬の使い方は、医薬品副作用救済制度の対象にならない

 

病院に行く暇がないというなら、それは社会の構造的な問題である

受験でいい大学に入らないとその後の人生全部ダメって子供に思わせてしまっているのも、社会の構造的な問題である・・・

 

そういうのが少しずつでも改善されればいいのだけど、しばらくは・・・

 

 

  

【科学】10万個の子宮-ジョン・マドックス賞受賞スピーチ

村中璃子氏が子宮頸がんワクチンの安全性に関する科学的根拠のある情報を広めた業績でジョン・マドックス賞を受賞した

 

ジョン・マドックス賞受賞スピーチ全文「10万個の子宮」|村中璃子 Riko Muranaka|note

 

ジョン・マドックス賞は、公共の利益に関わる問題について健全な科学とエビデンスを広めるために、障害や敵意にさらされながらも貢献した個人に与えられる国際的な賞(Wikipediaより)

 

本件については、日本のメディアでほとんど報じられていない

メディアは、ワクチンの被害者だという人々の個々の事象は積極的に取り上げたが、本件を取り上げるつもりはないようだ

反ワクチン主義者からの攻撃が面倒なのだろう

 

問題は、ワクチン接種勧奨のとりやめが、科学的でなく、感情的な理由によって行われ、いまだに再開されていないということだ

それによって、本来ワクチンを接種していれば防げた子宮頸がんが発生しているだろうに、それに関しては知らんぷりだ

 

厚労省は、過去の薬害裁判で痛い思いをしているので、接種勧奨をいつまでも保留にしているのだろう

厚労省の担当者は、自分がその部署にいる2年間はとりあえず、なんの動きもなく過ごしたいと思っているに違いない

 

日本はこんな有様で科学大国なんて言ってよいのか?

 

今回のスピーチの中で、厚労省の研究班の研究の中で、ワクチンによる脳への影響があるとみせかけるようなデータの捏造があったことが明らかになってる

どういった目的でこのようなことをしたのか分からないが、多数の国民の健康にかかわることだという自覚はあったのだろうか?

 

メディアも自分たちの報道姿勢を問い直すべきなのではないか?

 

一見すると弱者にみえる(もちろん、少女たちの症状が早くなくなることをねコも願っているが)ワクチン被害者団体の、極めて効果的で、組織的な活動に関しても、国民はもっと知っておくべきだろう

 

まっとうな医療関係者は、思春期の少女に、ワクチンとは関係なくこういった症状がでることを知っていた

だが、色々面倒なので声をあげなかった…

産婦人科学会が接種勧奨の早期再開を求めていたのは、当然といえば当然なのだが、個人的には頑張ったなと思う

 

例えば、がんもどき理論に対して公式に反論している大きな学会があるだろうか?

 

村中氏の著作がようやく出版される

これも、面倒ごとを嫌ってどこの出版社からも断られていた原稿である

せめてSNS等での拡散、著作の購入という形ででも応援したいと思う

 

10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか