今日のがんばりは終了しました

高等遊民になりたい

【書評?】現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史

飲み会の片隅で妙に意気投合してオタクな話でもりあがっているおっさんたち(むさい

 

の話を隣で聞いてる雰囲気を味わえる本

 

とにかく情報量が多いので、でてくる音楽、イベント、批評家や学者のバックグラウンドを調べるだけでも大変である

そういや、宮台真司は一時期流行ってたけど、ねコ的には昔この名前きいたことあるな…程度の認識しかない

ねコ達、ロスジェネ世代が思想とか評論とかいうのに目覚めたのは、リベラル文壇の影響というより、

小林よしのり氏のゴーマニズム宣言の影響の方が大きいんじゃないかな?

 

基本的には、社会から置き去りにされたままになったロスジェネ世代に関する考察、日本のリベラルーというか、特に内田樹上野千鶴子なんだが…の問題点、つまり経済というものを無視して社会を語ろうとすることに関する痛烈なダメ出しの本である

 

ニッポン放送の「ザ・ボイスそこまで言うか」のリスナーには比較的馴染みやすい内容と思う

宮崎てっちゃんが勧めてたしね

Amazonレビュー低評価だったけど(笑

 

ところでこの本、どうもねコが思うに、一匹妬みポケモンが混じっているようなのだが…?