今日のがんばりは終了しました

高等遊民になりたい

川瀬巴水と法師温泉

ネこは猫の癖に湯が大好きである

病気してから遠出できない身体になったので、あまり無理はできないが、

先日群馬の法師温泉に行ってみた

歴史ある温泉宿で、直木三十五川端康成若山牧水も逗留していたという

そういった写真の間に、川瀬巴水の版画が飾ってあった

 

川瀬巴水とは…

大正、昭和期の版画師である

衰退した日本の浮世絵版画を復興すべく、

新版画というジャンルを確立した

日本各地を旅行し、スケッチを原画とした版画を発表した

お茶目な性格で、版画の中にしばしば本人が登場する

版元は銀座の渡邊木版画であるが、

関東大震災で多くの版木が焼失した

巴水の作品は非常に人気があり、現在も後刷りが販売されている

暮れた空の群青色が非常に印象的である

 

さて、法師温泉は秘湯を守る会にも登録されている名湯で、源泉掛け流し

ほのかに硫黄の匂いがするつるつるの湯である

底には石が敷き詰めてあって、

石の間から湯が湧き出てくる!

中でも法師の湯は混浴で有名だったりする

f:id:slimneko:20170925134134j:image

 さて、巴水が版画に描いたのは法師の湯である

レイアウトが現在とは少しことなる(左端の仕切りは現在はない)が、ほとんど同じ

湯に浸かっているのは巴水本人である

 

 ネこももちろん同じポーズを、同じ場所でしようと思い、思い切り足を伸ばしたが、

体長が足りず、渡し木に届かなかった…

かなり頑張って身体を浮かせたりしたところ、

自分自身が渡し木状態に…

足元の棒は滑るし、どうにも身動きできない…

ネこが、ギネス認定世界一長い猫ならこんなことには…

 

 後で分かったが、渡し木は動かせるので、

他に人がいない時には動かせば巴水ごっこが

できるんだぜ!

 

 さて、もう少し巴水について語らずにはいられないので語る

「深川の月」という作品が特に人気があり、

例に漏れずネこも欲しくて銀座を尋ねたことがある

青い夜空と浮き上がるような月の光、月明かりに照らされた雲が大変美しく、人気があって当然の良作である

しかし、売り切れ

次回いつ刷るのか尋ねたが…

f:id:slimneko:20170925132953j:image

なんでも、この作品は人気がありすぎて、

みんなこれを欲しがるが、同じ作品ばかり刷っていたら、刷りの技術が偏ってしまうので、

こればかりというわけにはいかない

次回刷る予定は未定ということであった

ざんねん

 

ところで、「雪庭のサンタクロース」というモダンな作品を周囲に紹介したところ、

「おまえが作ったコラだろ!」

と信じてもらえなかった

f:id:slimneko:20170925131612j:image

 巴水の遊び心がうかがえる作品なのに…

 

 ていうか、サンタクロースってこの時代から日本にいたのな…