今日のがんばりは終了しました

高等遊民になりたい

【医療・科学】徒然なるままに気になったことなど

輸血でE型肝炎に感染、劇症肝炎でがん患者死亡

 血液製剤輸血でE型肝炎に感染 がんの80代女性死亡 | NHKニュース

ジビエブームのなか、HEV感染者が輸血していても何ら不思議ではない

考えてみれば、たしかに起こりうる出来事だったよなと…

こっそりシカやイノシシの刺身出す店あるし、加熱が不十分ということもありうる

とはいえ、こんな事例は世界でも始めてだという

2月1日付けで通知が発出された

「輸血用血液製剤の使用時の安全確保措置の周知徹底について」

http://www.pmda.go.jp/files/000222377.pdf

 まずは疑うことからってことなんだろうけど…

 

神奈川県立がんセンター 放射線医大量退職で県議会を巻き込み泥沼化

 神奈川がんセンター、医師が次々退職の異常事態…重粒子線治療が存続の危機 | ビジネスジャーナル

 先日、神奈川がんセンターでパワハラが原因で放射線科の医師が退職

その先生を慕ってきていた医師たちや、自分も理不尽な扱いを受けるのでは?と恐怖を感じた医師たちがどんどん退職してしまい、導入したばかりの重粒子線治療を先進医療としておこなう基準を満たせなくなってしまい、問題になっている

どうも原因は県立病院機構の理事長にあるという話だったのだが…

県の調査結果報告書

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/910303.pdf

あくまで、調査内容を見る限り、これは退職しても仕方ないのでは?と思ってしまう

 

しかもまだ、その退職医師は経歴詐称だのなんだのと一部の人にたたかれているようだ

 

理事長の反論

県の対応「的外れ」 がんセンター問題で機構側反論|カナロコ|神奈川新聞ニュース

件の理事長は、パワハラはなかったと反論(調査委員会でパワハラ認定されているが、パワハラされた本人が訴え出るつもりがないといっているのでパワハラには当たらないと発言…なんかよくわからん話だ)

県知事には辞めないでくれと言われたのに、

副知事2人に辞めてくれと言われたと御立腹である

副知事たちは、今後のことについて話し合っただけで辞めてくれとは言ってないと主張

ちなみに、「先生のせいで4人も辞めた、先生が辞めてください」と言った県立がんセンター院長は更迭される模様

県会議員の中に、「辞めた医師はワガママなのでは?地域の患者のための医療を云々〜」と言った議員がいて、医者には人権がないのかとFacebookが大炎上

 

関係者以外も参戦しており、でてくる人間関係をみていると、大学や高校の同窓だったり、政治的なつながりがあるようだったりと、世界の汚いところを精一杯つめこんだような泥沼である

 

1つ言いたいのは、自分が何をするわけでもないくせに、患者を人質にとって医者を奴隷のようにこき使おうとする奴、ネこは大嫌いなんだよね

 

退職された先生方が今後はやりやすい環境で医療を行えることを願っている

 

この記事をアップした直後、県が理事長を解任の方針というニュースが
県が病院機構理事長を解任へ|NHK 神奈川県のニュース

 理事長は納得いかんとのこと

 

保湿剤ヒルドイドの規制見送り

 医療用保湿剤「ヒルドイド」、処方制限は見送り 厚労省 - 産経ニュース

アトピー患者やがん患者団体からの強い抗議もあり、今回は規制は見送りとなったとのこと

本当に必要な人たちは喜んでいるし、それが望ましい医療の姿だと思う

…が、美容目的の使用をこのまま野放しにするのもどうかと…

審査の強化っていっても、県によってばらつきが出るだろうし、それもまた不公平

当初案としてでていた、他薬剤との併用時のみ処方というのはいい方法に思えたけど、たぶん不必要に他の薬も処方してくれって言うよな、美容目的で病院来るような人は

日本が財政的に潤っていれば、こんなことで悩む必要もないのだが、そうもいかないし

今回は、たまたまヒルドイドが悪目立ちしたから目をつけられたわけで、次に目をつけられるのはなんだろうか

やっぱり、ある程度市場規模があって、生き死にに関わらない製剤になるんだろうけど

 

三次喫煙という概念

これ、普段は読まない現代化学 (2018年2月号)という雑誌の巻末の論文抄訳ページで知ったんだけど

厚労省のページに用語解説があった

少なくとも6年前から言われてるみたいで、メジャーな用語だったの?知らなかったはずかしい…

三次喫煙 | e-ヘルスネット 情報提供

 

一次喫煙

本人がタバコを吸いよる

二次喫煙

喫煙者が吐き出した煙と副流煙をすわされる

三次喫煙←New

タバコくさい室内、タバコの匂いがついた服などタバコはそこにないけど、残留した煙により健康被害が生じること

 

単に気分的に不快というだけでなく(ネこは服にタバコの匂いがつくとかなり不快なんですけど…自室までタバコ臭くなる)、

タバコくさい=なんらかの化学物質が周囲に付着している、ということであり、この物質が有害だという

 

上記厚労省のサイトによると

 

換気扇を使用したり窓を開けて換気を行っても、三次喫煙のリスクを排除できません。タバコ煙から排出されるニコチンや他の有害物質のほとんどは空気中ではなく物の表面について揮発するためです

 

あっ、タバコくさいと思った時には既に暴露されてるということか…

お前はもう暴露されてる

f:id:slimneko:20180206145216j:image

 

しかし、建物内を100パーセント禁煙にする、以外の有効な対策は明らかでないようで… 

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201000-Roudoukijunkyoku-Soumuka/0000070592.pdf

 

なんてことだ…もう同じ環境中に存在できないではないの…喫煙者は隔離するしかないのか?

いや、まあそこまでいうつもりないけど、喫煙者にはどんどん厳しくなってるなと

次はアルコールとベンゾジアゼピン系製剤だろうな

どっちもやってるので、ネこも少しずつ減らす努力をしないと…

 

周期的に躁鬱をくりかえすモデルマウス

別に最新記事ではないけど

自発的なうつ状態を繰り返す初めてのモデルマウス | 理化学研究所

http://www.brain.riken.jp/jp/asset/img/about/timeline/pdf/126.pdf

まず、周期的にうつになるミトコンドリア病があることを知らなかったけどね

脳の研究で病態が明らかになることには純粋に期待したいが、最近、脳や神経伝達物質をどうこうすることで、人間の鬱屈した感情が治るのか疑問に感じている

ネこのように長期間、軽躁と鬱を繰り返していると、もはやなにが普通の状態、本来の自分自身なのか分からない

もしかしたら、今の状態を新しい自分として受け入れるべきなのかもしれない

頻繁に抑うつ的になったり、活発になったりすることに疲れてしまった

薬もずっと飲んでいるけど、よくなっている気がしない

しかし、それは自身の置かれる環境が頻繁に変わってしまうのが原因とも思われる

この環境で、悪化していないのだからよしとするべきかもしれないけど…

 

今の精神科の考えだと、症状が原因で本人が辛いとか、仕事できないとか、社会的に問題がある場合、治療した方がいいということになっていると思われ、勿論それには同意なのだが、

こういった感情の動きは病気なのだろうか?

たしかに困ってはいるんだけど…病気として治療して治るのか?治るってなんだ?

 

ネズミは鬱の時に何考えてるんだろ

生きるのしんどいでちゅーとか思うんだろうか