今日のがんばりは終了しました

高等遊民になりたい

【医療・科学】最近のニュース…ラモトリギンのまれな副作用、医療機関広告規制など

最近目に止まった医療関係のニュースなど。

 

てんかん双極性障害の治療にも使われるラモトリギン(ラミクタール)に新たなリスク情報

稀ではあるが免疫系を過度に活性化させる非常に重篤な反応を引き起こす可能性があるとのこと。

FDA薬剤安全性情報

www.fda.gov

ラモトリギンの重篤な副作用としては、近年ではスティーブンス・ジョンソン症候群など重篤な皮膚症状が生じる可能性が指摘されており、2015年に厚労省より安全性速報がでている。また、2016年に3学会(うつ、精神薬理、臨床精神薬理)連名のステートメントが出ている。

3学会連名ステートメント

http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/321_1.pdf

 …双極性障害患者数が増えるにつれ、ラモトリギンの使用量も増加していると思われます。使用する人が増えると思いがけない副作用が出てくるのが世の常だよねといつも思う。

 

 

FDAがAIによる糖尿病関連眼疾患検出装置を認可

www.fda.gov

網膜画像をAIを用いた診断アルゴリズムで解析し、糖尿病関連眼疾患を検知するとのこと。位置づけとしては、プライマリ・ケア医におけるスクリーニング用機器。

軽度以上の病変が検出された場合、眼科専門医を受診するようにリコメンデーションする 。そうでない場合は1年後に再診。

感度、特異度ともに87%以上であるが、急速に進行するタイプや、黄斑浮腫を伴わないタイプなどを検出できるようには設計されていない。つまり、これで引っかからなかったからといって、眼科受診しなくてよいということではない(当然)。

… ついにAI診断機器がでたか…感慨深い。すばらしい。

 

 

●医療広告規制の見直し

ウェブサイトでの虚偽広告、患者体験談など禁止の方向。

虚偽広告には罰則も。

 

毎日新聞

mainichi.jp

厚労省発表資料

http://www.cao.go.jp/consumer/iinkai/2018/267/doc/20180214_shiryou1_1.pdf

…元々は美容系のトラブルが多いことで医療機関のホームページの広告が問題になったが、がんや関節リウマチのような重大な疾患に関しても怪しい広告があるので、規制は妥当と思われます。

一方で、医療機関からの報酬を得ずに口コミサイト等に体験談を書くのは規制の対象にならないとのこと。医療系の情報は非医療者には判断が難しく、そもそもニセ医療、ニセ科学に限らず、ネットに書いて有ることを鵜呑みにする人もいるので、今後も議論の余地がありそう。

 

●訪日外国人の医療費未払い

数年前から話題。訪日外国人が日本で医療を受けて、お金を払わずに帰ってしまう問題。

www.nhk.or.jp

海外にかえられると請求が非常に困難であり、お金を払ってもらえないと、治療費は医療機関の持ち出しになってしまい、経営を圧迫する。

ある調査では、実に35%の医療機関が、未払いを経験しているという。

…被害を受けた割合だけでなく、トータルの額、一人あたりの額、どこの国から(これは公表できないか…)、緊急の疾患だったのかどうか、なんかも知りたかったところ。

 

数年前の論調としては、訪日客の3割が旅行保険に未加入であり、日本で急病、怪我の際に受診すると全額自費診療になってしまう。そのため、とんでもない額を請求されることになり、払えない、という話だったと思う(今年2月の視点・論点も同じような論調)。

そのため、行政側が働きかけて、空港で旅行保険で入れるようにしたりしていたが、まだ体制が不十分だったということだろうか?

また、言葉の通じなさから来るコミュニケーション不足によってトラブルになり、外国人が支払いを拒否することがあるということであった。

…そもそも、海外では薬が効かなかったら支払いを拒否するというのはよくあることらしい(それもどうなのか、日本人の感覚ではよくわからないが…)。日本語まったく分からない、英語も分からない外国人観光客はそれなりにいるし、色んな国から来るので、各病院が通訳を用意するというのはちょっと実際的ではないですね。外国人優先受け入れ病院(そういう制度はある)はあるけど、地方で通訳用意するのはきついような。

 

ていう話が今年1月くらいからまたぼちぼち出るようになって、

www.sankei.com

www.nikkei.com

で、未払いした履歴がある人に関して、再入国を拒否することも視野に入れて検討、という記事が出たのが4月末。

…今になってこういう制度をつくろうというのは、東京オリンピックを見据えてのことだと思うが…つくづく何かないと制度って出来ないんだなと思う。

 

 

今回はこのくらい〜。